&

  映像研究

22sv:1-2

・夏季休暇1期2日目。朝から吉祥寺のアップリンクへ。家族(妻)から教えて貰った映画『教育と愛国』を鑑賞。元々は2017年に放送された番組であったという映画は、以降現在に至るまでの出来事(特に「表現の不自由展」と「学術会議会員任命」の問題)を含むことで、明確なひとつの展開として描き出されているように感じた。公教育=歴史教育の中で自明のことであった「過去に学ぶ」ということ自体が困難になりつつあるという現在の状況は確かには90年代から進行していた。少しずつ、普通に生活していたならば気がつかない程の文言をアップデートしながら、事態は進行している。無力を感じても考え続けながら時に可能な範囲で表現することしかできない。しかしこのタイミングで観ることができて良かった。

 

・自分などは「教育」ということがうっすら関係する程度のサーヴィス業に従事しているという認識だが、そのような者でも幼いあるいは若い時の教育の重要性について日増しに思う。特に小中高の教育を担うことの重要さ(重大さ)を最近強く感じる。教科書に書いていた言葉は記憶から消えていくかもしれない。しかし教師が何かを伝えようとしていた意志は残る。その意志に関わる基盤が別のものに置き換えられようとしている。あるいは意志こそが標的にされていると感じる。どうすればよいかと問う。

 

・素朴なよろこびと供にあるような自分の研究はいかにしてその問いと接続し合流できるか。記しても仕方のないことではあるけれども、論文を書くことの中にはそのような疑問を放置している疾しさもある。あるいはもっと具体的にも、戦前に活動した作家を扱うことは過去の日本を美化し、さらには大戦とそれを基礎づけた思想を肯定することにならないかと考える。考え続けながら時に可能な範囲で表現することしかできない。

 

・中央線で考えていた。新宿に移動してキンコーズ。今週提出する報告書のくるみ製本をお願いする。「くるみ製本」と思うといつでも「胡桃」が浮かぶ。水道橋に移動して友人の飲食店でランチにカレー。休暇だからと昼から一杯だけビール。いつ来ても友人の店のカレーは美味しい。神保町まで歩いて移動。少しだけ古書店を散策。再び新宿に移動。少しだけサングラスのリサーチ。

 

新百合ヶ丘へ移動。アルテリオジャック・リヴェット『北の橋』鑑賞。リヴェットの名はドゥルーズ『シネマ』で何度か読んだように思うが一度も映画を見たことがなかった。冷房の効いたミニシアターで今日二本目の映画鑑賞。気持ちよく狂った映画だった。あらゆる都市はいつでも過渡的であると言えようが、この映画を観る限りで1980年のパリはスクラップとビルドの最中にあったと感じる。ラストに現れる竜の滑り台(オブジェ?)にはポンピドゥ・センターに似た印象を受ける。新しさとキッチュ

 

・映画館を出たならば小雨。台風は元台風になった。解けたが暴れていると言う。バスで帰宅。

 

www.youtube.com

22sv:1-1

・2022年の夏季休暇(summer vacation)その第1期の初日の記録。当面「授業準備」と「論文執筆」は引き続きあるのであくまでも「(兼)休暇」だが、それでも集中的な業務のサイクルやタームの外に出られることは有り難い。サイクルやタームの外に出て初めて生まれる体勢がある。考えられることもある。

 

・朝から雨。連続していた猛暑日も区切れる。梅雨の終わりに戻ったようでもある。車で家族を駅に送りまずは散髪のために美容院に予約の電話をかけるが電話がかけられない。そういえば通信に難があることをニュースで見聞きした。どうしようかと思って近隣の公衆電話を探して結局駅まで行く。そして美容院の予約は取れず今日の予定が空いてしまった(多くの人が髪を切りたいのか)。お昼用の巻き寿司を買って帰宅。

 

・午後は授業準備と論文執筆を休んでぼんやりしていた。論文の報告書をプリントアウトする以外は作業せず(できず)。思えば業務がひと段落する翌日はいつもそうだった。仕方がない。友人たちが夏の宿泊イベントの計画を進めてくれている。それに返信しつつ自分も少しリサーチするなど。

 

・夕方家族を迎えに行くために再び外出。台風が近づく気配が微かに感じられる空は複雑。目で直接見て、白い壁に反射する現象を見て、しかしスマートフォンのカメラを向けてもその色は写らない。車のボンネットに映る様子を見て、少し似ていると思って写す。

 

f:id:MRTR:20220704215848j:image

「一応伝えておく」

・後から書いておく前期最終コーナーたる日曜日の記録。4月に開講した授業は今日で一区切り。毎年同じサイクルのクラスをやっているのだからいつか余裕が生まれても良いと思うのだが驚くほどに無い。そして余裕がないことによって駆け抜け終わると何か爽快感のようなものを覚えて辛さは記憶から消える。マラソンのような労働の魔力が立ち上がる。そのテープを切る日が今日。

 

・夜中に不調で起き朝まで微妙に残る。残ったまま出勤。気になったから同僚には「一応」伝える。数時間後にはそれを笑い飛ばすことが約束されている連絡。滋養強壮の友キューピーコーワゴールドを服用しつつ8:30から19:00までが矢の速度で消えた。なすべきことはすべてなした。19:00にタイムカードを押したならば近くのパブに入っているとチーム同僚からの連絡。気をつけながら21:00くらいまで飲食。「講評における胆力」について話すなど。

 

・帰宅して山部オンライン・ミーティングに遅れてログイン。8月後半の計画を共有。24:00過ぎに就寝。明日の朝起きたら夏休み(第一期)。

夏のはじまりの終わり

・後から書いておく記録。もう一週間ほど猛暑日が続いている。そろそろ慣れてきただろうか。しかし身体は完全に暑さにやられている。猛烈な熱に包まれ光を浴び、にも関わらず身体の通常の活動を保つために消費する。週間予報を見れば来週には雨。台風が来ている。別のフェーズに入るのだろうか。

 

・少し前に早めのセールで購入したmandoのさらさらしたパンツをはじめて履いてみる。何年か前から狙っていたが今年の物は最適だと判断した。スラックスのようだがリラックスしたオリーブグリーンのパンツ。適度に緩くなおかつ黒ではないパンツは貴重。丈がジャストだなと思っていたら商品説明のサイトに「クロップド丈」と書いてある。これはよくある事。

 

都立大学で開催されている表象文化論学会の午前の研究発表を聴くために朝の南大沢へ。「現代芸術における〈ヴァニタス〉モチーフ」と題されたパネル。三人の方の発表はいずれも興味深かった。午後のシンポジウムやイベントにも惹かれつつしかし今日は午後から業務。京王線の特急で30分の睡眠。

 

・13:30から17:30まで業務。主に明日の一学期最終日の準備。卒業を控えた同僚の大学生の話を聞くことから色々と考えて自分の当時も思い出す。業務後に家族と合流すべく新宿へ。待つ時間に眼鏡屋でサングラス(度入り)のリサーチ。合流したならば「お腹がすいたね」ということになり夕方のベルクで一杯。空調の下でビールを飲めば夏の夏らしさがやってくる。

 

・夏の最初のシーンが過ぎる。

 

f:id:MRTR:20220704134434j:image

新しい月

・202207011147。新しい月に新しい文章を書くことからはじめてみる。ここは猿田彦珈琲。少し遅めの朝食はピザトーストとコーヒー。今週は京都のエースホテルのコーヒーからはじまった。BGMというにはボリュームありリズムありの音楽が流れている空間で作業することの幸福。身を滅ぼさない限りにおいて幸福あるいは豊かさを感じ続けることの重要性について再確認することが多い。そしてその豊かさは本質的な新しさと繋がる。次々に消費することではなく、ふと思い出せば現在のこの時間が「新しい」ということ。つねに最前線にいることの不思議。その不思議を自由と考えることができるならば、少しは身体を緩めることができるだろうか。

 

・気温が高まれば身体の各部位がすべて少しだけ緩み結果的に動きも思考もなめらかになる。寒い季節にはそのように暖かい季節に理想や幻想を思うけれども、現実の暑さはまた別の状況を引き起こす。5年前に友達に分けて貰った豆乳ヨーグルトは現在も継続している。季節ごとに豆乳がヨーグルト化する環境は異なるから、気温や湿度を感じながら冷蔵庫の上に一晩置いてみたりする。しかしこの暑さの中で、豆乳は数時間でヨーグルト化を通り過ぎ爆発したような状態になっている。いま人びとの脳はあのような状態なのではないか。身体は多少緩んでいるとしても脳が爆発(仮)しているから統制ができない。

 

・ひとりの身体で起こっている状況は、それを体に見立てた集団においても、同様に起こっている、とはあまりにもあてずっぽうだがそのように考えてみて、いろいろな場所のいろいろな集団が、統御する部位である人が焼け焦げるようにして、ばらばらな状態にあるかもしれない。且つ、膨大で高速の情報(文字と映像)はこの世界の気温を上昇させるように感じる(これは『天気読み』あるいは『昨日と今日』の主題か)。産業化/情報化された社会において、文化たる作品は人びとに「浸み入るようにして」広がり、そして時間をかけて土壌に影響を与えるのだが、これだけ高温が続き乾いた状態にあると、浸透することのないままに蒸発していく。不毛を指して「焼け野原」と物騒に形容するのは、その「焼けた」状態が想像されるためではないか。あるいは「炎上」も。各種のタイムラインを見ていると、どのような潤いも一瞬で蒸発させる鉄板がベルトコンベアのように動き続けている様を思う。

 

・そのような情報空間に現実が追いついたのがこの猛暑か。などと書いてみて、脳と、思考と、言葉が、沸騰してしまわないように。水を飲んで正午。中断して業務へ。