&

  映像研究

2020・夏、メンバー紹介。

・夏の集中講座、全24日の最終日。18:30に仕事の時間を終えてチームの3人で打ち上げへ。こうして打ち上げに行くことにも少しだけ戸惑いがあるが、いずれにせよこれはどうしても必要な時間だった。近くのイタリア食堂的な店に入りビールで乾杯。この約一ヶ月のことを振り返ろうとするがなかなか言葉が出ない。閉店は早く21:00だったから、1時間半くらいだっただろうか。ほんの少し気が緩んだ時間。

 

・この一ヶ月の業務のことを思い返せば、色々な物を購入して準備したのだった。パワーアップしたMBP。ベリンガーオーディオインターフェースとマイク。そしてCAMLINK4K。自分やチームのメンバーの諸々のリサーチや下準備によって大きな事故が起こらずツアーファイナル的な夜を迎えられる感慨。思えば6月のある日に日和ってもっと簡単な方法でもよいのではないかと提案したことに対して同僚は「やりましょう」と言ってくれた。あの電話の先の現在。

 

・人や物をひとつずつ思い返す。移動はルノーカングー。カーオーディオではピチカートワン『前夜』をいつも聴いていた。この夏の足元を支えてくれたのはオーロラシューズ。梅雨明け以降に毎日じゃないなりによく履いた。革が馴染んできてよい感じ。感謝。

 

街のはずれ

おなじみのナイトクラブでも

みんな本当は

淋しい気持を抱えてる

 

世界中に

悲しい話が溢れてる

大人だから

何でもない素振りしてるだけ

 

ここに来れば 誰だって

あたしに優しいけど

今夜はただひとりで

踊りたい気分なの

 

DJ だから大好きな

DJ 古いレコードを

DJ 朝まで

お願い 止めないで

お願い いまにも涙が

お願い いまにも悲しみが

こみ上げてしまうから

かなしいうわさ

かなしいうわさ

  • PIZZICATO ONE
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes