&

  映像研究

冬のある日

・201912061414。職場に行く前に少しだけエクセルシオールに寄り書いておく師走の記録。

 

・今朝は家で少し作業するつもりでいたが、ふと思い立って新宿K'sシネマ「東京ドキュメンタリー映画祭」の10:00からの回へ。中編3本を鑑賞した中でとりわけ川田淳監督『石山さん』に強い印象を受けた。ほとんど語りの力だけでひとつの映像が魅力を持つことを知る。そういえば数日前に石井正則という方が8×10のカメラでハンセン病療養所を撮影しているということを知り興味を持った。この方の写真の展示を見るために、ずっとタイミングを作って行きたいと思っていた全生園に行ってみようと思う。子供の自分にとってその場所は生まれて育った町にたくさんある病院のひとつに過ぎなかった。そう認識していた。免許取り立ての原付の練習したりする場所だった。けれどもその後色々なことを知り、あらためて今その場所を訪れてみたいと思う。

 

・その後ベルクでジャーマンブランチののち、初台オペラシティでカミーユ・アンロ『蛇を踏む』。興味深くはあるが、いまの自分にはそこから考えを始めることが難しい展示だった。数年前に同じ場所で見たサイモン・フジワラ、水戸で去年見たヒト・シュタイエル、あるいは大阪で4年くらい見たティルマンスとも近い印象。現在の美術表現としても倫理的な態度としても正しいのだと思うが、自分がそう思うことは一体なんなのだろうと、ぽかんとする。あるいは映像メディアを用いてシステムやネットワークを擬態する批評的な作品のあり方に対して自分はある時期以降かなり懐疑的に思っている。誰かがやるべき仕事なのだろうけれども。

 

・言葉はどうか。昨日ブックファーストで購入したのは松本圭二『松本悲歌』。そういえば去年アテネフランセで『アストロノート』にサインを貰ったのは良い思い出。帰りの電車の中で読む。全然終わらずまだまだ読むことができて嬉しい。松本圭二の詩にも近い印象がある。アッサンブラージュ。映像メディアの技術的な条件を前提として、なおかつ「すべて」や「起源」を志向する意識を感じさせること。しかしそうした欲望もユーモアによって相対化される(頓挫する)こと。リズムがユーモアを生むこと。引用とズレがグルーヴのようなものを感じさせること。しかし自分が松本圭二という人の詩を面白いと感じることはどういうことなのか。

 

・とここまで書いてみて自分は「作品」と「批評」について、または「批評性というもの」について、大した確証を持っていないということに気がついた。そのあたりは忘年会で誰かと話をしてみたいところ。明日は猛烈に寒くなる予報。業務のために中断。

 

 

松本悲歌: 普及版

松本悲歌: 普及版

  • 作者:松本 圭二
  • 出版社/メーカー: 航思社
  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: 単行本
 

冬のある日

・201912050854。郵便を待ちながら家でできる作業を始める前に日記。滑り落ちるように年末。年末の「許されている感じ」に許されてしまう前に、自分で自分の年内の目標を設定し直す。そして各種の連絡を忘れないようにかつ素早く。行けるタイミングで行けるイベントには行くこと。会える人には会えるときに会うこと。可能な限り年始の準備をすること。自分に唱える。

 

・昨日は丸々自分のことのためだけの一日。朝からフランス語の授業。その後神保町を少し散策して恵比寿へ移動。写真美術館のライブラリーにて探していた『コモン・スケープ』の図録とデジャビュビスなどの資料を複写。せっかくだからと山沢栄子展、中野正貴展、日本の新進作家展を鑑賞。それぞれに色々と考え始められることがあるが少し慌しくなってしまった。渋谷方面に歩き今週撮影したフィルムを東京カラー工芸社というラボへ出しに行く。年内にリサーチとテストをして来年は暗室作業をしてみたいと思う。渋谷駅へ。「セントラル」「中央」「スクランブル」が点在して方向感覚が壊れるような街の印象。きっと現在の渋谷を集中的に写真で記録している人もいるのだろう。歩道橋を歩いていて、かつて通っていた桜ヶ丘方面を思わずipadで撮影してしまった。その後はやめに帰宅して夕食の準備。完全に自分が食べたいだけの鍋を作り久しぶりに家でビールを飲みたいだけ飲む。

 

・フランス語と暗室作業について考える日。あるいはそうしたことをいつでも頭の片隅に置きながら生活する。それは自分が大学に入学した直後にやっていたことで、その後フランス語の学習も暗室作業を必要とする写真の制作も自分の生活から一度は(完全に!)消えて、そして約20年を経て戻ってきた。呪いのように回帰する。その因果を不思議であると思いながら、しかし時間が流れているということも本当はあまり実感がないことに気がつく。たぶん優秀な人は一度で決めるのだろう。しかし自分は万事が一度あるいは二度三度、テスト、お試し、様子をうかがい、次第に理解していくようなところがあるのだろうか。いま学生を「見る」ことを業務でしていても、同じ教室で同じテーマで制作をしていても、それぞれに違うプロセス、段階、心持ちでいることに気づいてはっとすることがある。自分の尺度で、あるいは一般的に共有していると思われる時間軸だけで見ないということ。裁くために見るのではないということ。

 

f:id:MRTR:20191205093157j:image

2019年の12月

・201912031049。中央図書館に来た。冬の快晴。今年あと何回この時間がもてるだろうかと考えながら、作業に入る前に雑誌コーナーで『暮らしの手帖』と『現代詩手帖』をぱらぱらする。そういえばどちらも手帖だった。図書館に着いたところでipadを忘れていたことに気がつき(辞書として使っているから無いと作業ができない)、仕方なく一度戻って途中公園の駐車場に車を停めて普段あまり歩かない場所で写真を撮ってみようと思ったらフォクトレンダーのVCメーターの電池が切れて撮影も断念。小さな予想外の出来事がある。ひとつずつ片付けながら。

 

・『暮らしの手帖』の「暮らしのヒント集」より。「親戚が集まったときには記念写真を撮るようにしましょう。次の機会に、そのときの思い出をみんなで楽しめます。」と書いてあって確かにと思う。思えば集合写真と風景写真について考えて、特に風景写真から「風景」について考えた2019年だったかもしれない。2019年は一枚の写真を見る、その仕方が少し更新されたように思う。写真であれ絵画であれそれ以外のものであれ、それを「作品」として、または制作した人間との関係から「見る」「言葉にする」という回路で、写真や絵画などと向き合うことが習慣づけられているようなところがあるが、それはあくまでも任意の一体勢に過ぎないことを理解しつつある。自分が撮影したイメージを客観的に見ることができる場が作れれば、さらにその考えを先に進めることができるかもしれない。それは2020年の課題になるだろうか。

 

・昨日職場で2020年の1月のスケジュール表を作成していて思わず同僚に「見えた!」と口走ってしまう程度には、今後の時間が想像できた。いつか在るはずとだけ思っていた時間が、現在の延長に想像できる。それは面白いことでもある。10代後半くらいの人たちにより質の高い文章を短時間で書かせるためにはどうすればよいのか。仕事にも仕事なりの目標があるから考える。中断。

 

・201912031922。課題図書の翻訳作業がひとまず終了。ひとまず終了した記録。同じ中央図書館で8月9日からはじめて4ヶ月弱かかった。かかりすぎだろうか。仕方がない。既に出版されている翻訳に頼り切りでもあったし、あくまでも荒い翻訳でしかないから、この荒い翻訳を練り上げつつ、内容を詳しく検討をしていかなければならない。

 

f:id:MRTR:20191203111041j:plain

 

11月の終わりに写真が届く

・201911301350。出かけるのか家で作業をするのかどっちつかずなままデスクの周りを片付けていると現像された写真が届く。それは2019年にGW690Ⅲで写した風景の写真の最後になるかもしれない。近所の風景を写した写真の中で数枚目に留まったものをスキャナで取り込んでみたならば、写真を見る時間がはじまってしまった。たとえばその一枚。11月中旬の多摩川。快晴の昼。川向こうの風景の中に映るブルーシートは台風の痕と見ることができるが、しかしそれは人の住居の一部であったものであるだろう。そう思って見ると写すことの倫理というようなことも考える。いったい「誰からも何も咎められることなく写しても良い場所」などあるのだろうかと問うてみる。

 

・朝家族を車で駅まで送る。帰りにJ-WAVEからハナレグミ『家族の風景』が流れたから、その曲が色々な場所でよく流れていた2004年くらいのことを思い出す。自分にとって2004年前後は不毛な砂漠のように思い出される。ハナレグミの音や言葉はその不毛な砂漠の中で、それ自体も特別輝いたイメージではないにせよ、何かしら質感のようなものを感じさせた音楽として記憶されている。そして2019年の「家族の風景」とは何か。友人のライングループが動きそれぞれの家族の様子が感じられる。12月はただでさえ回想モードに入ってしまうから、同時にその回想は「この1年」から「この10年」「この20年」へと延長される。色々な場所の色々な親密な景色を想像する。それはそうと「友達のようでいて/他人のように遠い」という歌詞は何度聴いても自分には「友達の予定で/他人のように遠い」と聴こえてしまう。ごめん、友達と予定入ったから、とかでさくっとキャンセルされる家族の関係、そういう素っ気なさと切なさを孕んだ不思議な信頼のあり方というような意味で「友達の予定で/他人のように遠い」の方が自分の実感にも近いのだけれども。

 

・あと一ヶ月でできる限りのことをする。

 

f:id:MRTR:20191130134909j:plain

 

11月が終わる記録

・201911291026。荷物を待ちながら。今週は業務の会議、連絡、準備に時間を割いていたことを振り返る。答えの出ない会議はともかくとして年末年始および遠くしかしきっとすぐに訪れる春の準備をしておくことは、自分の研究や制作の環境を整えることでもある。11月の終わりの一週間その前半を振り返りながらそのことを理解する。

 

・月曜日。昼から業務の会議。その後年末年始の準備を始める。さっと帰ってあわよくば自分の作業をするつもりが全然終わらないことに気がつく。22時帰宅。火曜日。購入した洋服のサイズ直しのお願い。昼はランチを食べつつ普段の業務とは全然違う会議。話される言葉を読む言葉に置き換える仕事について考える。Aスタジオへ現像とプリントのお願い。新宿ブックファーストにて、岩内章太郎『新しい哲学の教科書 現在実在論入門』と、築地正明『わたしたちがこの世界を信じる理由 『シネマ』からのドゥルーズ入門』を購入。隣のタリーズコーヒーで業務の文章添削作業。夜はアップリンク渋谷へ知人の主催するイベントを見に行く。映像を見ることからしか考えられないことがある。23時半帰宅。26時まで添削作業。水曜日は朝からフランス語。帰りがけに神保町田村書店で狙っていた本を買う。その後業務の会議。チームメイトと少しミーティング。その後再び今週末から年末年始にかけての準備。翌日にすべて投げて21時帰宅。寝不足で即就寝。木曜日。朝から散髪。その業務までの時間に職場近くのエクセルシオールで久しぶりに自分の作業。くまざわ書店で『ユリイカ』のvaporwave特集を購入。業務。片付け。22時半帰宅。気がつけば今日は金曜日だった。

 

 

新しい哲学の教科書 現代実在論入門 (講談社選書メチエ)

新しい哲学の教科書 現代実在論入門 (講談社選書メチエ)

 

  

 

ユリイカ 2019年12月号 特集=Vaporwave ―Oneohtrix Point Never、Vektroidから猫 シ Corp.、ESPRIT 空想、2814まで…WEBを回遊する音楽―

ユリイカ 2019年12月号 特集=Vaporwave ―Oneohtrix Point Never、Vektroidから猫 シ Corp.、ESPRIT 空想、2814まで…WEBを回遊する音楽―